肝臓を強化する栄養成分とは

肝臓を強化する栄養成分とは

肝臓は臓器の中でも大切な働きをしています。
アルコールやアンモニアなどの解毒作用や分解、脂質や糖質を代謝してエネルギーに変換し、そして胆汁を分泌したり、脂質や糖質消化吸収を助ける役割があります。
その他にも体にとって必要な働きがありますが、肝臓はお酒の飲み過ぎや食生活、疲労などによって負担がかかり機能が低下してしまいます。

 

肝機能が低下すると、お酒を飲む場合は二日酔いになりやすくなります。また、急激にお酒に弱くなります。
そして、慢性疲労の原因にもなります。
体にだるさが残り、朝からスッキリしない体調は肝臓の機能が衰えいるからかもしれません。

 

そんな肝臓を強化する栄養成分は、タウリンやオルニチン、ビタミンB12、良質なタンパク質などです。
肝臓を強くするために、また二日酔い対策としてウコンなどのドリンクを飲み会前に飲まれる方が多いと思いますが、それらは一時的な対処法でしかありません。
普段からタウリンなどの栄養を補うことで肝機能が強化され、二日酔いや悪酔いも防げます。

 

これらの栄養成分を含み、肝臓に良いと言われている食材といえば、「しじみ」や「牡蠣」です。
しじみはオルニチンをはじめミネラルが豊富です。
牡蠣はタウリンやグリコーゲン、さらにビタミンB12、亜鉛なども豊富に含んでいるので肝臓強化におすすめの素材です。

 

特にお酒を飲むことが多い方は牡蠣サプリメントを取り入れるなどして肝臓を強化しましょう。