情緒不安定を改善する栄養成分とは

情緒不安定を改善する栄養成分とは

ストレスを受けると精神的に情緒不安定になったり、イライラします。
怒りなどで精神状態が不安になると、体内にあるカルシウムが大量に消費されます。
逆に言うと、消費しているためカルシウムを摂ることで精神状態を安定させることができます。
実際に精神安定作用があることが判明しました。

 

また、カルシウムに関連する栄養成分も補うことで情緒不安定の改善や安定した精神状態のキープに役立ちます。
それは、マグネシウムです。
マグネシウムはカルシウムの消費をコントロールしているので、マグネシウムが不足した場合、カルシウムの消費量に影響して精神の不安定を招いてしまいます。

 

それから、亜鉛も精神状態に関連した働きがあります。
亜鉛は神経伝達物質に関わっています。働きをスムーズにして、なおかつ脳機能をアップさせるため精神の安定効果があります。

 

まとめると、カルシウムとマグネシウム、亜鉛という栄養成分が情緒不安定の改善に必要です。
以上3つの栄養成分を同時に補える食品こそ、牡蠣です。
海のミルクと呼ばれるほど栄養価が高いことで有名ですが、カルシウム・マグネシウム・亜鉛、いずれも含有しています。

 

そうはいっても牡蠣を食べる機会はそれほど多くありません。
旬の時期がありますし、しっかりと栄養成分を補うためには牡蠣を何個も食べなくてはなりません。
そんな時におすすめしたいのがサプリメントです。
牡蠣サプリメントなら手軽に毎日続けられます。亜鉛などの栄養を毎日継続して補給できるので、精神の安定を保つために適しています。