貧血予防の栄養成分とは

貧血予防の栄養成分とは

貧血予防の栄養成分といえば鉄分です。
鉄分が不足したことによる貧血を鉄欠乏性貧血と言い、貧血の中でもよくあるタイプです。

 

血液は全身に酸素を届ける働きがありますが、それは血中にある赤血球の働きです。
この赤血球が減ったときを貧血と言います。
赤血球を構成しているヘモグロビンの主成分が鉄であることから、鉄分が不足することで貧血が起こります。

 

貧血予防の代表的な栄養成分は鉄分ですが、それ以外にも重要な栄養成分があります。
たとえば、ビタミンB12や葉酸です。これらのビタミン類が不足すると、悪性貧血という重度の貧血を引き起こす恐れがあります。
ビタミンB12も葉酸も、赤血球を合成するときの細胞分裂に必要なビタミンです。
したがって、これらの栄養成分を補給することが貧血予防になります。
また、銅もヘモグロビンの合成に欠かせないため、補給が必要です。

 

要するに、鉄分・銅・ビタミンB12・葉酸は造血成分であり、補給することで血液を増やして貧血を予防できます。

 

実は、これらの栄養素も牡蠣に含まれています。
牡蠣エキスの中には、鉄・銅といったミネラル、そしてビタミンB12や葉酸などのビタミンも多く含んでいます。
造血成分をバランスよく含んでいるため、牡蠣は貧血予防の食材としてもおすすめです。

 

旬な時期には牡蠣料理が良いですが、それ以外の時期も常に摂りたい食材なのでサプリメントをおすすめします。
牡蠣サプリメントなら年中通して、造血成分をバランスよく補えます。