グリコーゲンとは

グリコーゲンとは

タウリンに次ぐ来、「グリコーゲン」も牡蠣に含まれている注目成分です。
グリコーゲンとは多糖類のことで、牡蠣以外にはウニやホタテが多く含んでいます。

 

グリコーゲンは非常時のエネルギーとして肝臓や骨格筋などに蓄えられます。
主に、空腹時に血糖値が低下しないように正常値を維持する働きがあります。
そして、骨格筋に蓄えられたものは激しい運動をするときのエネルギーに使用します。

 

グリコーゲンが十分に蓄えられていると、もしものときにも役立ち健康状態をキープできますが、逆に不足してしまうと疲労などの原因になります。
普段から適度に補給することで、疲労回復効果や、脳の活性化、血糖値の調節に役立ちます。
脳はエネルギーにブドウ糖を使用しているのでグリコーゲンを補給しておくことで、脳の活性化につながり、ブドウ糖不足による症状を予防できます。
また、血中のブドウ糖が減少したときグリコーゲンが糖質を増やすので、血糖値を正常に保つためにも欠かせません。

 

日々の健康のためにグリコーゲンを摂りたいときは牡蠣サプリメントがおすすめです。
牡蠣エキスの中にグリコーゲンがたっぷり詰まっています。
その他にもさまざまな栄養を含んでいるので、栄養成分が互いに高め合い、体の健康を支えてくれます。